HOME > 高認に向けて 「とりあえず・・・」から「せっかくだから・・・」へ

高認に向けて 「とりあえず・・・」から「せっかくだから・・・」へ

こんにちは^^  

すっかり春めいてきましたね!!桜の花も咲き始め、今週末~来週早々にかけてが見ごろを迎えるようですね。すこしの花冷えが、桜の花を長く楽しめるポイントということで、今日ぐらいの気温が続けば、桜を長く楽しめるのかもしれません。

 

今日は、読んでたメルマガから「なるほど~」と思ったことをご紹介させていただきます。

それは・・・「「とりあえず・・・」と思ったことはありますか?」で始まる問いかけでした。

 

とりあえず(取り敢えず)という言葉がありますよね。この言葉の意味として、「本格的な対応は後にして、今できる緊急事を最優先させるさま」や「他はさしおいて、まず第1に」「なにはさておき」という意味があるようです。が、日常での一般的な使い方としては「ひとまず、それ以上は深く考えないように・・・」みたいなニュアンスで使われていることもあります。

 

私もこの「とりあえず・・・」をよく使っていたように思います。

「とりあえず〇〇しておこう」や「とりあえず先へ進んでみたら」という風に、どちらかというと今、していることが行き詰って苦戦しているときに、その場から逃れるためや、新しい視点を与えるために使っていたように思います。

あと、よく使っていた場面といえば・・・居酒屋へ行っての「とりあえずビール」(笑)!これは「まずは・・・」という意味や、「悩むくらいだったビールにしておけば」と、一緒に行くメンバーによって、様々な捉え方があるようにも思います。しかしある日、ボージョレの解禁日に、たまたまご飯を食べに行ったとき、「せっかくだから・・・」といってワインを頂いたことがあります。いつもと違う雰囲気と、1年に1度、めったにないことをそのときに楽しむという、すこし前向きな、自分の意志で楽しみながら行っているような捉え方に感じました。

また最近、様々な勉強をはじめるときも「せっかくやるんだったら・・・」と言って、少々欲張りに活動をしているように思います。

 

皆さんも、「とりあえず勉強をしようかな・・・」と思ったことはありませんか?

・・・に続く言葉として、「親に怒られない」「なんとかなる」「しないよりマシ」などなど・・・どちらかというと「自分への言い訳」や「他の人のために・・・」という意味が強く感じられます。もちろん、そんなマイナスなイメージだけではなく、何かの一歩を踏み出すキッカケの言葉にもなります。

どんなときに「とりあえず・・・」という言葉が出てきますか?

 

ただ、同じやろうと思うのであれば、「せっかくだから勉強をしようかな・・・」と少し欲張りになり、自分の意志やをはっきりさせた言葉に「変換」をしてみませんか?そうすることで、今までもやもやとしていた想いや、霧の中にあった自分のやりたかったことなどが、少しずつ「自分でやった」という自信や達成感に変わってくるかもしれませんよ。ただし、押し付けがましくならないように・・・が注意点ですね。

どんなときに「せっかくだから・・・」という言葉が出てきますか?

 

 

もうすぐ高卒認定試験の願書が配布されます。

「とりあえず」勉強を始めるんだったら、「せっかくだから」高卒認定に向けて初めてみませんか?

 

高認の勉強を通じて、「せっかくだから」将来を少しずつ考えるキッカケになればいいですよね。

 

焦らず、歩みを少しずつ進められればいいですよ。

 

 

 

 

 

カテゴリー: ブログ, 岡松先生 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

,進学塾TMC

家庭教師派遣シリウス

京都教育サポートセンター