HOME > エネルギーの活性化

エネルギーの活性化

こんにちは^^ 今日は少し肌寒さを感じますね・・・

通勤電車からは桜に変わり、つつじが沿線に彩を加えています。

若葉や新緑の黄緑や緑色につつじの薄ピンクや濃ピンク・・・春は様々な彩りで、目を楽しませてくれています。

 

カラーセラピストとして今日はこの文章を書きます。

「チャクラ」という言葉を聞いたことがありますか?

「チャクラ」とは、身体に点在するエネルギーの基点です。簡単に言えば、エネルギーの出入り口なんです。人の身体には、背骨に沿って7つのチャクラがあるといわれています。

この「チャクラ」は、心身につながりがあり、チャクラが開いているときは、エネルギーの流れがよく、外の世界から良好なエネルギーを取り入れることが出来るため、心身が活性化し、健康な状態となります。しかし、チャクラが閉じてしまうと、エネルギーの流れが悪くなり、体内に悪いエネルギーが滞ってしまいます。そのため、病気になったり活力が低下したり、不運を招きやすくなると言われます。

病気や疲労・ストレスが溜まっているときはチャクラが閉じ、心身が健康でリラックスしているときや瞑想をしているときは、対応するチャクラは開いていることが多いです。

 

色、色彩もチャクラとの関係が深く、7箇所すべてが色で表すことが出来ます。

 

そして、この時期によく目にする「緑」や「ピンク」という色は、チャクラで言うと「第4のチャクラ」と言われ、場所は胸の中心に位置し、心臓・肺などの循環器系を示します。また、喜怒哀楽や愛、希望という言葉でも表現することが出来ます。

このような色を見たり、またはイメージしながら瞑想や深呼吸をするだけでも、色にあったチャクラの活性化につながったり、色が持つエネルギーをチャージできると言われています。

 

これから外に出るにはいい気候になってきます。

5感をフル活用して、エネルギーの活性化につなげるいい機会かもしれませんね。

カテゴリー: ブログ, 岡松先生 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

,進学塾TMC

家庭教師派遣シリウス

京都教育サポートセンター